戸建塗りかえを始めよう!

1ご相談・見積依頼をしよう

ご相談や見積依頼は、電話やインターネットからご連絡ください。無料で御見積をいたします。
お客様のご都合に合わせ、お宅へ伺い、建物の傷み箇所やお客様の気になる箇所などを確認・診断いたします。

2ご契約へ・・・

御見積が出来あがった後、見積内容(仕様や数量など)のご説明をし、ご提出いたします。
その後、お客様に納得していただいた上で、ご契約となります。
ご契約時、工事内容や注意点、お支払い方法などのご説明、工法や工程、色彩の打合せをさせていただきます。

3近隣へのご挨拶

工事着工前に、現場担当者が近隣のお宅を訪問し、ご挨拶いたします。
その際、工事へのご理解をいただき、工事をスムーズに進めていきます。

4工事の着工

工事は、足場の架設から始まり、高圧洗浄・下地調整・シーリング打ち替え・飛散防止のシートを張って、塗装に入ります。そして、仕上がりの確認を行い、足場を解体いたします。こうした流れのもと工事を進めていきます。

1 足場架設工事

しっかりとした足場を組み、事故のない安全な現場環境をつくります。
近隣や周囲に塗料が飛散しないようにメッシュシートを張ります。

2 高圧洗浄工事

埃やカビ等で汚れた外壁や屋根を塗装する前に高圧洗浄できれいに洗い流します。
この作業が塗装の仕上がりに大きく影響します。

3 下地調整

外壁や屋根にひび割れ等の箇所がある場合に補修を行います。

4 シーリング工事

サイディングやボードの外壁の場合、外壁目地等にシーリング材が打ち込まれており、そちらの打ち替えを行います。

5 飛散防止用養生

塗装しない部位にビニールのシートを被せ、周囲に塗料が飛散しないように保護をします。

6 塗装工事

外壁塗装:下塗り→上塗り2回の3工程で塗装します。

下塗り
下地と上塗りとの密着をよくするため、シーラー・プライマー・フィラーといった下塗りを塗ります。

上塗り1回目
塗膜は、厚みが不足すると劣化が早まります。
そのため、上塗りを2度塗り、塗膜の厚みを一定量に確保します。

上塗り2回目
上塗り1回目と同じ塗料をもう1度塗装し、塗膜の厚みを確保するとともにより美しく仕上げます。

屋根塗装:外壁と同様の工法で、3工程で塗装します。

屋根は、紫外線や雨風にさらされており、塗料を選定する際は、耐久性の高いものを選ぶことをお勧めします。

鉄部塗装:外壁・屋根と同様の工法で、3工程で塗装します。

しかし、鉄部は、錆が出て、付着力が弱まっていることもあり、下地処理(ケレン)を行ってから、下塗り(錆止め)へと入っていきます。
この下地処理(ケレン)をしっかりと行うことで、仕上がりに大きな影響が出てきます。

7 足場解体前の仕上がり確認

工事が終わりを迎える頃、現場担当者が手直し箇所や漏れ、仕上がりの確認をします。そこで手直し等が必要な場合、手直し作業を行います。

8 足場解体工事・清掃

全ての工事が終わりましたら、足場を解体していきます。解体後、周囲や近隣に資材の忘れ物や残物等の確認・清掃を行います。

5工事の完工・塗膜性能保証書の発行

工事完了後、外壁または、屋根の塗膜性能を保証した保証書をお客様にお渡しいたします。
工事の仕様や立地に応じた保証内容と期間で、最長10年間の保証となり、お客様に安心をご提供させていただきます。

ヨコソー公式アカウント
お問い合わせ・資料請求はお気軽に!
  • 0120-34-5191
  • (平日9:00-17:00
お問い合わせはこちら