戸建塗りかえとは?

1住まいの保護と耐久性の強化

建物は日々劣化し、塗膜の性能は低下していきます。
塗り替えは、外観を美しくするだけでなく、住まいの耐久性を高めて快適な暮らしを提供してくれます。

2住まいの資産価値の向上

私たちの住まいをより良くしたい、塗り替えをすることで美しい姿へと蘇らせましょう。

3時代とともに変化していく住まいへ

流行や時代の流れによって、建物も変化し続けます。
外壁や屋根の色、外壁の地模様を変えることで、気分転換にもなり、より快適な暮らしへと導いてくれます。

4街並みとの調和を図る

時代の流れとともに、街並みも大きく変化していきます。
私たちの住まいの周辺環境は、変化していき、調和を図った色彩計画により、調和のとれた街をつくりませんか。

カラーサンプルのご案内

弊社では、ご希望があれば、建物の写真をもとに、カラーサンプルを作成しております。
お客様が選んだ色をA4サイズに拡大したものをご用意し、塗装部位と照し合せていただき、少しでも実際に近い色をイメージしていただければと思います。


各所塗り替えのポイント

1 色味

塗り替えのおすすめは、落ち着いた親しみやすい色「ホワイト・クリーム・ベージュ・ブラウン・ライトグレー」です。逆に、赤・青・黄といった原色は、アクセント程度にし、なるべく自然な素材色を選ぶと良いでしょう。また、周囲に緑豊かな自然がある場合、自然の緑と調和するナチュラルな色を選ぶことで、樹木や花の美しさを一層引き立たせてくれます。

2 鮮やかさと明るさ

鮮やかな色は周囲の景観との差が強調されてしまうので、なるべく控えることをおすすめします。肌の色の明るさを基準に、落ち着きのある明るさにすると良いでしょう。

3 面積効果

実際に建物へ塗装してみると色見本で見た色よりも明るく見えるため、外壁や屋根の色を決める際は、面積効果を考えながら選んでみましょう。また、色の見え方は、光によっても変化します。室内で色見本を見る際は照明に注意してください。

4 美観を保つには?

長く美観を保つには、汚れが目立ちにくい色を選ぶと良いでしょう。真っ白は汚れが目立ちやすく、黒も汚れが浮いて目立つため、メンテナンスが必要になってきます。

5 住む地域・近隣の色は?

塗り替えの色を決める際、極端に目立つ色合いではなく、街並みが美しく、整って、見える色を選びましょう。また、住む地域が住宅地域であれば、落ち着いた色を、観光地や古風な建物が多く残っているようなら、その街並みを崩すような色はなるべく避け、その地域の調和に合う色を大切にしましょう。


塗料の種類と金額の目安

耐久年数と金額

建物により、塗装範囲・傷み具合・使用する塗料などは異なり、「定価」というものが存在しません。
しかし、使用する塗料のグレードによって、おおよその金額を算出することはできます。

足場仮設等を考えると、高耐久で汚れにくい塗料の選択をお勧めいたします。
耐久年数が長い塗料を使用すると、コストも合わせて上がります。ランニングコストを考えると、金額は変わらなくなります。
※耐久年数★の数が多いほど、高価格になります。

塗料の特徴

塗料名 長所 短所
ウレタン塗料 価格が安い。
耐用年数:7~10年
防汚性が低い。
シリコン塗料 ウレタンと比べると耐久性は高く、防汚性にも優れている。
耐用年数:10~15年
ウレタンに比べて価格が高い。
光触媒塗料 太陽の光が当たることで、水になじむ状態(超親水性)になり、
雨の力で汚れを洗い流すセルフクリーニング効果がある。
耐用年数:15~20年
価格が高い 。
フッ素塗料 15~20年の耐用年数。現在、耐久性がもっとも高く、
塗膜の寿命が非常に長い。
耐用年数:15~20年
価格が高い。

塗料の紹介

多くの種類の塗料がある中、建物の下地や塗装部位に合った塗料を使用することで、
初めて塗料の優れた性能を発揮することができます。
では、戸建の塗り替えで、弊社が主に使用している塗料についてご紹介します。

外壁塗料

外壁塗装に多く使用されているのはシリコンです。しかし、シリコンよりもフッ素のほうが耐用年数は長く、耐久性が高く、長い期間、美しさを保つことができるため、フッ素を選ぶ方も多くいらっしゃいます。

水性セラミシリコン

環境にやさしく、耐久性の高いセラミックシリコン
建物を長期にわたり保護します。また、大気中の粉塵や排気ガスを寄せ付けず、優れた低汚染性を発揮します。

水性シリコンセラUV

環境にやさしく、いやな臭いがありません。
外壁の劣化を抑え、高い耐久性を発揮し、水性でありながら浸透力・密着性に優れています。

フッ素樹脂塗料ルミステージ

ルミステージは外壁塗料の高級ブランドです。
クオリティの高さは、耐候性・省コスト性・低汚染性・エコ性・防藻・防カビ性などで保証されています。AGC旭硝子認定施工店である弊社がサポートいたします。

光触媒ハイドロテクトコート

極めて優れた防汚染と抗カビ・防藻性を持ち、塗るだけで美しさが保ち、環境にもやさしい。汚れを気にせずイメージ通りのカラーを選んでいただける塗料です。

屋根塗料

外壁塗料同様、主にシリコンが多く使用されていますが、屋根は、もっとも紫外線や雨風にあたる部位でもあるため、遮熱性や耐久性に優れたものを選ぶとよいでしょう。

サーモアイ

過酷な環境下でも耐久性を保持することが可能な屋根用遮熱塗料です。耐候性や光沢保持性に優れ、遮熱機能により屋根への蓄熱を抑制します。

ヤネフレッシュ

酸性雨や熱・紫外線に対して優れた抵抗性・防かび・防藻性を発揮します。優れた浸透力・密着性を持ち、長期間安定した性能を発揮します。

その他塗料

セラMレタン

低汚染形であり、防カビ性、防藻性に優れた塗膜性能を持ち、作業性にも優れ、より安全な作業環境で塗装ができます。

1液MシリコンHG

作業環境に優しく、いやな臭いがありません。防カビ・防藻性・耐皮脂性に優れています。

コスモマイルドシリコン

シリコンの良さを追求した塗料です。高耐候、低汚染で光沢・肉持ち感に優れています。

屋根

屋根は、紫外線や雨風にさらされており、耐久性の高い塗料を選ぶことをお勧めします。また、カラーベスト屋根の再塗装には、縁切り(隙間をあける作業)を行います。従来、屋根塗装完成後に皮スキやカッターなどの工具を用いて塗膜を切っていましたが、現在は、タスペーサーと呼ばれる部材を屋根材の重なっている部分に挿入することで、屋根材の重なっている部分の破損がなく、塗装完了後屋根面を傷つけたり、足跡をつけてしまうことがありません。

外壁

外壁は10年に1度、点検を行うことをお勧めしています。その理由は、太陽からの光や熱、雨や風に巻き上げられた砂によって外壁は劣化し、チョーキング現象といった、外壁を触った際に白いチョークを擦ったような汚れがつく現象が起こるからです。この現象を放置し続けると、外壁にカビが生えたり、ひび割れが起きたりしてしまいます。

破風

破風板は屋根の内部や屋根瓦の下に雨風などが入ることを防止するために住宅の屋根の先端部分に取り付けられている部材です。破風は常に雨や風、紫外線などダメージにさらされている部分で、家の塗装の中では屋根や外壁同様に劣化が目立つ部分になります。

軒天

軒天は、景観に関わる大事な部分であり、湿気などでもろくなりやすい部分でもあります。屋根から雨水がつたわりやすく、意外とダメージを受けている部位でもあります。特にモルタル仕上げの軒天の場合、ひび割れによる漏水の危険性が高いので、そのまま放置しておくと、雨水が浸透し内部が腐食するおそれがあります。

雨戸・戸袋

雨戸や戸袋にもよごれやほこりがこびりついています。雨戸・戸袋といった金属は塗装が剝がれやすいため、5年程で塗り替ることをお勧めします。美観を保ち、同時にコストパフォーマンスを重視するのであれば、雨戸が劣化するまでは塗り替えたほうがよいでしょう。また、同じ規格の雨戸が生産されていないこともあり、なるべく塗り替えるほうがよいかもしれません。

軒樋・竪樋

雨樋は日や風の日当たりがよく、さらに雨水が大量に流れる部分なので、基本的に塩化ビニール樹脂やガルバリウム鋼板など、強固な素材で作られています。雨樋の寿命は20~25年ほどと言われ、雨樋が劣化すると、変形、穴があく、割れる、外れる、漏れるといった症状が起き、その場合は交換となります。

玄関扉

玄関扉の塗り替えの場合、素材によって塗装の工程や塗料が異なり、また、扉の傷み具合によって交換になることもあります。木製扉の場合、ドア全体を補修する際、表面の塗装全体をいったん剥がす必要があります。剥がれた一部を補修するのであれば、その部位だけを剥がしてから塗り替えることによって、費用を抑えることができます。アルミ玄関扉の場合、外壁などに使う塗料とは異なり、硬度が出るように強溶剤塗料を吹付けて塗装するため、高度な技術が必要になります。

外構

外構もまた、外壁や屋根とともに塗り替えることもあり、外壁同様、何十年と放置し続けると、ひび割れや塗膜の膨れなどが起きます。外構は、室内の湿気や内部結露、カビに気をつける必要があります。

ヨコソー公式アカウント
お問い合わせ・資料請求はお気軽に!
  • 0120-34-5191
  • (平日9:00-17:00
お問い合わせはこちら